ゴールド (金) の理論価格は?

投資の考え方

 昨年好調だった金の価格がここ最近は低調で、1オンス 1700ドル台となってきました。コロナショック前の20年2月の平均取引価格が 1600 ドル付近でしたのでまだその水準には届きませんが、20年の8月には2000ドルでしたからピークからは 15% 程度下落してきている計算となります。下落してきているため金への投資がチャンスかもしれないと思いましたが、いまいちどの水準になれば割安なのかがわかりません。そのため、金の理論価格がわからないかと思い調べてみました。

 金の価格に影響を与えている要因の一つに実質金利があります。以下の資料によれば、実質金利とは「米10年国債利回り-ブレークイーブン・インフレ率10年」で算出できるそうです。

404

 20年6月までの金価格と米国の実質金利の相関ですが以下のようになっています。

 

ソニーフィナンシャルHD ソーシャルレポート (20/8/4) より

 実質金利が低下すると通貨価値が減少してくることとなります。金のように希少価値があり、またその存在量が限られているような資産はインフレが進むと価格は上がることとなり、価格が上昇していくと考えられます。また実質金利だけでなく、マネタリーベースも金の価格に栄養しているといわれています。マネタリーベースとは通貨の供給量のことで、現在各国の中央銀行はコロナショックの対応としてこのマネタリーベースを拡大しています。そのため通貨の供給量が増え、通貨の価値としては低下することとなります。そのため金価格は相対的に上がっていくこととなります。

 さて、金価格と米国の実質金利の相関を調べたデータをもう少し紹介します。以下は金価格と実質金利の相関を散布図に示したものです (出典:https://www.sonyfh.co.jp/ja/market_report/pdf/sp_200804_01.pdf)

 相関係数は 0.9449 ですので、悪くない印象です。データが19年7月~20年6月ですので、少し古く間近のマネタリーベースの拡大をどの程度織り込めるかが不安なところです。ただ間近では米国の長期金利が上昇してきており、その影響が金の価格に現れていると考えられます。上記の式から導き出される金価格は以下の通りです。

米国実質金利 (%)金の理論価格
-11894
-0.81823
-0.61752
-0.41681
-0.21610

 21年2月には米国実質金利が -0.6% まで上昇してきたそうです。(https://www.sonyfh.co.jp/ja/market_report/pdf/w_210301_01.pdf) 現在の金価格が1700 ドル台半ばですから、まだ紹介した式はある程度有効そうに見えます。としますとおおむね今の金の価格は適正水準なのかもしれません。金の価格については今後の米国長期金利次第ということになりそうです。

 それでは、また。

 I cross my fingers for you!

下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 独自ドメインでブログを始めることに興味のある方は。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

 企業分析の王道といえば「会社四季報」もあります。最近はKindle版もあり、これなら持ち運びも便利です。

 私が利用している証券会社です。

 少額から投資する際に私が使用しているのはSBIネオモバイル証券です。通常単元に満たない株は手数料が高額となってしまうので、コツコツと少ない金額で買うのが難しいのですが、SBIネオモバイル証券だと月50万円以下の取引なら格安でコツコツ買うことが可能です。なぜならSBIネオモバイル証券は、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題(1ヶ月の約定代金合計額が50万円以下まで)、 かつ毎月Tポイントが200pt(期間固定Tポイント)もらえるからです。少額で取引を始めたい人にはぜひおすすめの証券口座ですので是非お試しください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

コメント

タイトルとURLをコピーしました