マネーフォワード新電力参入 (電気料金3%オフ+マネーフォワードMEのプレミアムサービスが無料)

電気料金 生活

 今しがた知ったのですがマネーフォワードが電力事業に参入していました。新電力会社であるシン・エナジーと提携し、電力供給そのものはシン・エナジーが行うとのことです。サービスの概要としては以下の通りです。

  • 電気料金が 3% オフ
    としては 旧一般電気事業者(東京電力、関西電力、九州電力など)が提供する、一般消費者向けプラン(従量電灯B、従量電灯Cなど)における電気料金のうち、従量料金と基本料金(最低料金)を3%オフとします。燃料費調整額と再エネ賦課金は含まれません。
  • マネーフォワードME のプレミアムサービスが無料
    電気料金 3% オフに加え、マネーフォワードME のプレミアムサービスが無料となります。プレミアムプランの会費は月額500円もしくは年額5500円(Android版の価格、 iOSは5300円)なので、年間5300~5500円分の特典が付いていると言えます。

 従量料金と基本料金が3%オフとなりますと、東京電力管内で比較すると以下のようになります。(21年3月13日現在)

アストマックスは1年限定プランなので注意です。

 使用電力量が多くなると新電力の方がお得になりますね。あとはここにプラスされるマネーフォワードME のプレミアムサービス無料の価値をどう見るかですね。プレミアムサービスを利用予定がない方はシン・エナジーやエルピオに乗り換えた方がお得です。我が家の場合をシュミレーションしてみました (4人家族ですが、使用電力は少ない方かもしれません。東京電力の電気料金でシュミレーションすると1か月10000円くらいです。)

電力会社一年間の予想料金 (円)プレミアムプラン合計
シン・エナジー1142195500119719
エルピオ1120255500117525
東京電力1218365500127336
アストマックス1071015500112601
マネーフォワード1186340118634

 マネーフォワードME のプレミアムプランを使用したい場合はマネーフォワードの電気プランでもそこそこ競争力のある価格となっています。

 以上、今回はマネーフォワードの電気サービスを紹介しました。興味のある方はホームページのリンクも付けましたので、ご参照ください。

電気代から家計をお得に改善 | マネーフォワード 固定費の見直し
マネーフォワードの電気サービスは従来の大手電力会社よりも約3%電気代を節約できます!加えてマネーフォワード MEのプレミアム機能も無料で使えるとってもお得なプランです。

 

 それでは、また。

 I cross my fingers for you!

 下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
サラリーマン投資家ランキング PVアクセスランキング にほんブログ村
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

 以下で簡単に色々な会社の電気料金をシュミレーション可能です。無料ですので試してみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました