保有 BDC のパフォーマンス (21年6月期)

business development company 米国株

 

 BDC は Business Development Company の略称で、中小企業や新興企業への金融面や事業面でサポートをする米国の投資会社です。利益の90%を配当に回します(ここはREIT と同じですね)。そのため、金融危機時には非常に大きな値動きをしますが、平常時はかなりの高配当です。そのため、私はアセットの分散という意味で資産の一部をこの銘柄群に投資しています。BDCについてもう少し詳しく知りたい方は下記の記事をご参照ください。

BDC (米国株)
今回は私のポートフォリオの一角を占める BDC について説明したいと思います。コンテンツBDCとはBDC の特徴BDC とは Business Development Company の略称で、中小企業や新興企業へ...
高配当米国株 BDC のリターンやリスクについて検証してみました
 BDC は ”Business Development Company” の略で、高配当な銘柄として注目しています。新興企業への融資やサポート業務を行い、その利益の9割以上を配当に回すことで法人税が軽減されるため、高配当を実現しています...

 BDC は高配当ですが、ハイリスク・ハイリターンの銘柄でコロナショックやリーマンショックの時はかなり大きく下落しました。そのため、アセットアロケーションの 5% を目途に投資をしています。

 それでは21年6月期の私の保有 BDC のパフォーマンスを振り返りたいと思います。最近更新をサボっていて、3月期以来のパフォーマンスの振り返りですね。比較は S&P BDC Index (ネットリターン) と S&P500 (ネットリターン) です。

 昨年の9月末からは BDC のパフォーマンスは S&P500 を上回っていました。このあたり、やはり異なる資産クラスへの投資は分散の意味がありそうですね。ただBDCはS&P500よりコロナからの回復が遅れていた、というだけではあるのですが。ただ指数はほぼコロナ前の水準まで戻しましたので、今後は大きなキャピタルゲインは狙えなさそうですね。これからはコツコツとインカムゲインをためていくフェーズでしょうか。時々くる調整局面で配当を再投資していこうかと思っています。

 それでは、また。

 I cross my fingers for you!

下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 独自ドメインでブログを始めることに興味のある方は。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

 Motley fool Japan は米国株の投資情報を提供している Motley Fool の日本法人です。米国株式を始め、海外株式の一次情報や投資にまつわる情報を提供しています。米国本社は1993年に設立され、これまで TESLA や DISNEY、NETFLIX などの優良企業が市場で注目を浴びる前に長期保有を推奨してきたなどの実績があります。またこちらから手に入りにくい外国株式の一次情報を日本語で入手することが可能です。メールアドレスを登録することでメルマガ会員限定の情報を無料で取得することもできます。

モトリーフール

 私が利用している証券会社です。

 少額から投資する際に私が使用しているのはSBIネオモバイル証券です。通常単元に満たない株は手数料が高額となってしまうので、コツコツと少ない金額で買うのが難しいのですが、SBIネオモバイル証券だと月50万円以下の取引なら格安でコツコツ買うことが可能です。なぜならSBIネオモバイル証券は、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題(1ヶ月の約定代金合計額が50万円以下まで)、 かつ毎月Tポイントが200pt(期間固定Tポイント)もらえるからです。少額で取引を始めたい人にはぜひおすすめの証券口座ですので是非お試しください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

コメント

タイトルとURLをコピーしました