ライフプランを立てる際に必要な費用

生活

 最近このブログではライフプランを立てることの重要性を書いてきました。私は以前自分自身のライフプランを計画したことがありますが、4~5年前のことなので、そろそろ見直しをする必要があるかなと思っています。今回はライフプランを考えるために想定する出費について考えていきたいと思います。

主なライフイベント

 年代によって想定されるライフイベントは異なりますが、とりあえず様々な方がこのページを訪問されることを想定して、私が既に経験しているライフイベントも含めて記載していきたいと思います。日本FP協会がいくつかデータを提示してくれていたので、そちらを参考にしています。

  • 就職活動費 17万円
  • 結婚費用 467万円
  • 出産費用 51万円
  • 教育費用 1049万円 (幼稚園~高校が公立、大学のみ私立)
  • 住宅購入費 建売 3340万円 マンション 4350万円
  • 老後の生活費 26万円/月
  • 介護費用 17万円/月

 なお教育費については、小学校から私立に行ったり、大学では私立文系、理系でも費用はかなり変わってきます。以下で様々なケースのデータがそろっていますので、参考にしてみてはと思います。

【保存版】子育て費用はいくら必要?幼稚園から大学卒業までの教育費をFPが解説 | 保険比較ライフィ
【FPが解説】子供の教育費はいくら準備しておけばよいのでしょうか。データをもとに、幼稚園から大学卒業までにかかる学費から、入試や受験の費用までまとめて解説します。

 結婚費用ではご祝儀が、出産費用では給付金が支給されますので、単純に上記費用が支出としてかかるとは限りませんので、そのあたりは皆様でも調べてみてください。

 また住宅購入費には修繕費などは含まれていませんので、そのあたりも想定しておく必要があります。戸建てだと 10 年で100~200万円程度、マンションの場合は修繕積立金や管理費が必要となります。

 その他に車の購入をする場合はその購入費用とそのメンテナンス費用が必要です。下記サイトに詳細はありましたが、軽自動車で年間38万円、コンパクトカーで43万円、Lクラスミニバンで 49万円を想定していました。ただ駐車場代や保険料などは人によって変わるかと思いますので、それぞれにカスタマイズして使用してはと思います。

 その他に旅行を計画しているようでしたらその費用を、その他のイベントがあればそれぞれ入力する必要があります。あとは時系列に並べていつどのイベントが起こるかを整理していけばライフプランが自分でも立てられますね。

 それでは、また。

 I cross my fingers for you!

下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 独自ドメインでブログを始めることに興味のある方は。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

 企業分析の王道といえば「会社四季報」もあります。最近はKindle版もあり、これなら持ち運びも便利です。

 私が利用している証券会社です。

 少額から投資する際に私が使用しているのはSBIネオモバイル証券です。通常単元に満たない株は手数料が高額となってしまうので、コツコツと少ない金額で買うのが難しいのですが、SBIネオモバイル証券だと月50万円以下の取引なら格安でコツコツ買うことが可能です。なぜならSBIネオモバイル証券は、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題(1ヶ月の約定代金合計額が50万円以下まで)、 かつ毎月Tポイントが200pt(期間固定Tポイント)もらえるからです。少額で取引を始めたい人にはぜひおすすめの証券口座ですので是非お試しください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

コメント

タイトルとURLをコピーしました