日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 (9283) PO 発表 (21/1/15)

インフラファンド 日本株

 インフラファンドの一つ、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人が PO を発表しました。SBI証券で確認しまししたが、ブックビル期間は 1/21 の 0:00~ 1/26 の11:00 まで、ただし最短で 1/25 の 11:00 に締め切る可能性があります。今回は PO を発表した本銘柄の説明と私の方針について述べたいと思います。

日本再生可能エネルギーファンド

 スポンサーは再生エネルギー事業を手掛けるリニューアブルジャパンで、このスポンサーは再生可能エネルギー発電設備等に係る案件の発掘から開発管理・運営まで業務全般にわたり、ワンストップサービスを提供しています。そのほかにアンフィニおよび霞が関キャピタルからもサポートを受け、これらからパイプラインのサポートを受けているとのことです。現在の投資先は太陽光発電のみで、今回の PO で得た資金についても同様に太陽光発電投資に充てられます。方針としては保有する設備として太陽光発電が 90% 以上、その他の再生可能エネルギー発電設備等が 10% 未満を掲げていますので、太陽光発電以外もポートフォリオに加わるかもしれません。所有する発電所の所在地は東北地方が最も多く、やや東日本に多い印象ですが、割と全国に分散はしています。地域分散という点ではあまり心配のない投資先だと思います。株式会社格付投資情報センターから格付け A を取得しており、財務的には安定しているようです。分配金はPO発表前も後も 3200 円のようで、こちらも安定しています。今回の PO は 5 回目ですね。

投資方針

 PO 発表の1/15 に株価は下落しましたが、前日比 -2.63% 程度とそれほど大きな下落ではありませんでした。過去 4 度 PO を実施していますが、発行後の株価はまちまちですね。ただこれまでより現在の株価は高い水準にはありますので、短期売買ではやや苦しいかもしれません。長期保有のつもりであればあとは自分が何% の利回りが欲しいかですね。6400円の分配金が続くとすると取得価格が 106667円であれば OK です。POに参加できれば 6.2~6.5% くらいの配当利回りとなりそうです。もちろん分配金が維持されれば、という前提がありますが。ディスカウント率が 2.5~5% で、発行価格は1月末の分配金拠出後の価格で決まります。発行決定時の株価から3200円分過引き、さらにディスカウント分を割り引く形ですね。過去の実績は 100000円台前半から 90000円台であったことを考えると、1/15 の終値からはぼちぼちな水準ですね。私の中でインフラファンドの投資枠も余っていることもあり、今のところは参加する方針です。今後の本銘柄の動向次第のところはありますが。(1/15 終値 107200円)

 それでは、また。

 I cross my fingers for you!

下記に参加しています。下のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

 おすすめの証券会社です。マネックス証券は銘柄スカウターという企業分析に便利な機能が無料で使えます。そのため銘柄スカウターは企業分析の際にいつも重宝しています。口座の開設も無料です。興味のある方は以下から口座開設が可能です。

 企業分析の王道といえば「会社四季報」もあります。最近はKindle版もあり、これなら持ち運びも便利です。

 少額から投資する際に私が使用しているのはSBIネオモバイル証券です。通常単元に満たない株は手数料が高額となってしまうので、コツコツと少ない金額で買うのが難しいのですが、SBIネオモバイル証券だと月50万円以下の取引なら格安でコツコツ買うことが可能です。なぜならSBIネオモバイル証券は、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題(1ヶ月の約定代金合計額が50万円以下まで)、 かつ毎月Tポイントが200pt(期間固定Tポイント)もらえるからです。少額で取引を始めたい人にはぜひおすすめの証券口座ですので是非お試しください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

 独自ドメインでブログを始めることに興味のある方は。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt

コメント

タイトルとURLをコピーしました